キャバレー社長の「楽しまずとして何の人生ぞや」

会社経営者&カウンセラーです。前向きに楽しくなるような事を日々語っていきます。

【意外な視線】

人間関係・仕事を108倍楽にするカウンセラー、キャバレー社長です。


本日のテーマは
【意外な視線】


最近自分の中だけで流行っている「意外」シリーズ5回目です。


自動販売機で飲み物を買うとき一番目に付くのはどこですか?多分大半の人も思っている、そして自販機業界でもずっと信じられていたのは


左上


自分も左上→右上→左下→右下とZのように視線を移動させているイメージだったのですが、飲料メーカーの「ダイドードリンコ」が人間の視線を追いかける「アイトラッキング(眼球追跡)」の技術を使って調査したところ、驚くべき結果がでたのです。


因みに「ダイドードリンコ」の由来は「ダイナミック(Dynamic)」にチャレンジを「行う=ドゥ(Do)」から「DyDo」とし、「ドリンコ」は英語の「ドリンク(Drink)」に、“仲間・会社”を意味する「カンパニー(Company)」をプラスした当社の造語です。


「ダイナミックに活動するドリンク仲間」ですね


あ、話しそれてしまった。。。そうそう驚くべき結果でしたね、下の画像でダイドードリンコの主力商品の缶コーヒーがどこにあるか見てください。





そう驚くべき結果とは、左下だったんです


左下にコーヒーを配置した事により、コンビニコーヒーの台頭で他社が缶コーヒーの売り上げを減らす中、売り上げを増やしたそうです。



新しい発見をしたときの意外性は市場を広げる可能性も秘めているという好例ですね。世の中の常識を疑うって事も時には大事です。



Twitter @datomikoフォロー大歓迎です


自分では解決できないお悩みをお持ちの方、仕事、キャリア形成でお悩みの方
ご相談に乗ります。

初回メール相談無料です。
こちらまでどうぞ
↓↓↓↓↓
人間関係・産業カウンセリング「ブリッジエーブル」

広告を非表示にする