キャバレー社長の「楽しまずとして何の人生ぞや」

会社経営者&カウンセラーです。前向きに楽しくなるような事を日々語っていきます。

【「意外と」って結構使える】

人間関係・仕事を108倍楽にするカウンセラー、キャバレー社長です。


本日のテーマは
【「意外と」って結構使える】


最近自分の中だけで流行っている「意外」シリーズ4回目です。


「意外と・・・ですよ」って言葉どんな時に耳にしてるかなって考えると、スポーツ解説の時によく聞いてるような気がする。例えば

野球で言うと
「ピッチャーがバッターに投げるのって意外と嫌なんですよね」

サッカーだと
「PKの時真ん中に蹴ると意外と決まるんですよね」
ってな感じ。


「意外と」って言葉を聞いた時に後に続く言葉として期待するのは、素人では分からない知識や感覚。聞いた後はそうなんだぁって感心する事が多い。


アナウンサーが素人で間違った事を言っても「意外と・・」の返しで否定や押しつけのマイナスの印象でなく、納得、感心とプラスの印象を与えられる。解説者からしたら使い易いのも納得。


これは自分達の日常会話でも有効で、話し相手の話す内容について、自分がより深く知っている時に返す言葉として「意外と」から話すと丸く収まり盛り上がる。「そこ違う」って話すとギクシャクするし盛り上がらない。


「意外と」って言葉は便利な言葉かも知れない。「意外と」を話す習慣を増やしてみようと思うけど、その前に「意外と」と言える知識を身に付けないといけないわ><


Twitter @datomikoフォロー大歓迎です


自分では解決できないお悩みをお持ちの方、仕事、キャリア形成でお悩みの方
ご相談に乗ります。

初回メール相談無料です。
こちらまでどうぞ
↓↓↓↓↓
人間関係・産業カウンセリング「ブリッジエーブル」

広告を非表示にする